10万円以上

【価格10万円超え!】値段の高い最強ランニングマシン特集|超本格マシンだけ集めました。

予算10万円以上ともなると、最上位クラスの家庭用ランニングマシンに手が届くレベルになります。その性能はもはやジムのマシンに引けを取らない水準。

性能・耐久性に関する心配はもはや不要で、あとは設置するスペースや搬入の準備といった計画性が必要なラインナップになります。そうは言っても、値段と性能のバランスも当然気になります。高額製品なので安心できるマシンを選びたい所です。

記事の内容

🔖10万円以上のマシンの特徴

👍おすすめラインナップ

🚛購入する際の注意点

10万円以上のマシンの特徴

走っている時の快適さが段違いに優れています。値段の安いマシンと例え同じ最大速度であっても、モーターの馬力が強い為、安定性・耐久性は圧倒的に高いです。機能も豊富でプログラムが充実しており、電動で傾斜を変更するオプションもついています。

走行面の幅も広くストレスなく走る事ができます。ただしそのぶん本体は大きくて重たいのが特徴です。一概に重たい事は悪いとは言えず、それだけ耐久性があると捉える事もできます。

耐久性がメリットではありますが、あくまで家庭用としての仕様です。不特定多数の利用や公共の場での利用は製品保証の対象外ともなりますので、その点は注意が必要です⚠️

おすすめラインナップ

高額ランニングマシンでは【ホライズン】が強いメーカーになります。ホライズンは世界的フィットネスメーカーのジョンソンヘルステック社の家庭用マシン部門になります。性能と耐久性は折り紙付きです。

2021年に入りAmazonで謎の海外メーカーから20万円を超えるマシンの販売が増えています。日本仕様に十分対応していない可能性がある為、使い勝手に懸念もあり、今回はオススメしておりません。

販売実績のある既存メーカーから6台をピックアップしました。

【ホライズン】オメガZ

オメガzのランニングマシンの写真
最大速度 20km
本体大きさ 縦183×横89×高144cm
ベルト幅 縦140×横53cm
重さ 93kg
参考価格 230,000円

ホライズン最新ランニングマシン『オメガZ』は他には無い最先端の機能を搭載した次世代ランニングマシンとして登場。運動をサポートするアプリケーションなど最高の気分での走りを体感させてくれる事間違いなし。

■特徴 最高のランニング性能

最大速度20km/最大傾斜12°の超本格スペックモデル。パネルには体調に合わせて色が変化するパルストレインというシステムを導入。他のマシンには無い特別なランニング環境が作り出せる。

詳細を見る

【ホライズン】アドベンチャー1

アドベンチャー1のランニングマシンの写真
最大速度 18km
本体大きさ 縦182×横89×高138cm
ベルト幅 縦140×横49.5cm
重さ 81kg
参考価格 222,000円

『アドベンチャー1』は販売実績もあるホライズンの鉄板マシン。見た目も重厚感があり頑丈。ホームジムのような本格的環境が作れる1台。

■特徴 シンプルに高性能

最先端機能こそ搭載されていないが、本格家庭用マシンとしては定番のスペック。シンプルな機能に耐久性を求めるのであれば、おすすめの一台。

詳細を見る

【ホライズン】CITTA

CITTAのランニングマシンの写真
最大速度 16km
本体大きさ 縦181×横90×高133cm
ベルト幅 縦127×横46cm
重さ 91kg
参考価格 176,000円

ラグジュアリー感ある高級ランニングマシンはコレ。優雅に読書をしながらウォーキングなど、セレブ感を味わいながらの運動ができる1台。部屋に置くことで爽快で美しい運動生活が実現します。

■特徴 快適な運動生活をサポート

手元にデスクトレイの取り外しができる仕様になっており、パソコンや雑誌を置いての『ながら運動』ができるのが特徴。本体色にゴールドが使われているの点が高級感を演出してくれるのも魅力。

詳細を見る

【アルインコ】AFR1319

AFR1319のランニングマシンの写真
最大速度 16km
本体大きさ 縦163×横76×高113cm
ベルト幅 縦125×横45cm
重さ 59kg
参考価格 140,800円

アルインコ最高スペックのランニングマシン『AFR1619』は、他のアルインコのマシンとは一線を画すハイスペックモデルになっています。安心できる国内メーカーの最高峰マシン。

■特徴 家族みんなで運動習慣

初心者から上級者まで幅広く満足してもらう事を目的に作られている仕様。長時間の連続使用こそできないが、家族と順番にトレーニングに励むにはピッタリのマシン。軽いウォーキングからしっかりランニングまで取り組めます。

詳細を見る

【ダイコー】DK1246D

DK1246Dのランニングマシンの写真
最大速度 14km
本体大きさ 縦161×横90×高128cm
ベルト幅 縦120×横46cm
重さ 67kg
参考価格 118,800円

大広(だいこう)株式会社はあまり知名度は高くないが、技術は確かな国内ランニングマシンメーカーです。健康をテーマにした性能・機能で、高齢者も安全に運動できる仕様。

■特徴 組立不要で導入かんたん

ホライズンのマシンは組立が必要で設置にどうしても労力が必要な点がデメリットだが、ダイコーのマシンは組立不要なのがメリット。組立こそ必要ないが本体自体は67kgと重たいので注意が必要。

詳細を見る

【アディダス】T-19x

T-19xのランニングマシンの写真
最大速度 20km
本体大きさ 縦197×横87.5×高154.5cm
ベルト幅 縦152×横51cm
重さ 98kg
参考価格 275,000円

説明不要スポーツメーカーのアディダスが出しているランニングマシン。ブランド力で言えば群を抜いてのトップ。もちろん高性能で本格的なスポーツ仕様。アディダス好きにはたまらない製品。

■特徴 音と映像にもこだわり

2つのスピーカーを搭載しており、質の良い音楽を聴きながらのランニングが楽しめる。ディスプレイもタッチパネル式になっており、性能以外も細部までこだわったマシン。足元は赤く光るライトが搭載されており、アディダスのイメージも再現。

詳細を見る

購入する際の注意点

本体が大きく重たいので事前確認が必要な点があります。Amazon・楽天で購入する事になりますが、販売元店舗によっても対応が異なる点が注意です。配送に関する注意書きを必ず見てから購入しましょう。

配送・受け渡し

玄関先までの受渡しの場合があります。そこから室内の設置場所へ搬入する為の体力が必要です。また2階以上に設置する際は別料金が必要な場合もあるので注意です。

設置・組み立て

本体サイズに合った設置スペースを必ず事前に確認しましょう。また組み立てには1時間ほどかかります。重たいので大人2人での組み立てを推奨します。地域によっては無料組立サービスがある販売元もあります。

廃棄する事になったら

数年後に廃棄をする事になった場合は、自治体の粗大ゴミ受付に連絡する必要があります。しかし指定場所へ移動するのも一苦労なので、買取業社に連絡をして売却する選択がベストです。

【まとめ】おすすめマシンはコレ

家庭用として最高クラスのランニングマシンを集めました。どれも性能としては申し分ありません。その中でもホライズンの『オメガZ』は頭1つ抜き出た性能・機能、デザイン性を持っています。

せっかく本格的なマシンを導入するのであれば、最高峰のマシンを購入して最高の環境を整えてみては如何でしょうか。設置の問題さえクリアすれば間違いなく非の打ち所がないランニングマシンです。

【タイプ別で選ぶ】3万円〜8万円ランニングマシン2021特集|厳選6台 ランニングマシンを選ぶ際に1番オススメする価格帯が5万円前後。ここまで予算があれば基本性能がしっかりしているのは当然の条件となります。...
ABOUT ME
なしぱん
77.7kg⇨65.0kgに痩せた38歳の家トレブロガー ランニングマシンに詳しく専門サイトを立ち上げました。(別名)Mr.ルームランナー/普段は通販会社で働くサラリーマン。アルインコを販売しているので若干の贔屓はご愛嬌